イントラレーシックとは

イントラレーシックは、フラップの作り方に特徴があるレーシックです。
手術の進み方は、基本的に通常のレーシックと同じですが、
角膜の蓋であるフラップの作り方が少し違います。
通常のレーシックは、フラップをマイクロケラトームという電動メスで作ります。
ですが、イントラレーシックでは、フェムトセカンドレーザーを使います。
フェムトセカンドレーザーは、周りの組織を傷つかず、1000兆分の1(フェムト秒)という速さで、
角膜にミシン目のような切断面を作り、フラップを作成します。
コンピュータによる制御で作動しますから、マイクロケラトームよりも正確な厚みのフラップをスムーズに作ることが出来ます。
患者さんの負担も最小限に抑えることができ、
執刀する医師の技術もあまり大きく影響しません。
フラップ作成に失敗するリスクもなく、
より安全で確実なレーシック手術ができるレーシック法として話題です。

 

重度の近視の人や、角膜が薄い人の場合、通常のレーシックはできないため、
今までにレーシックの適応検査を受けたことがあるけれど、レーシック手術は出来ないといわれてしまった人もいるかもしれません。
ですが、このイントラレーシックであれば、レーシックを行うことが出きる確率が高くなっています。
もう一度、クリニックに相談してみてください。
とはいっても、イントラレーシックを取り入れているクリニックが少ない現状があり、
角膜の強度面に心配がある部分もあります。
まずは、こちらのサイトでクリニックの医師に相談してみることから始めましょう。

 

更新履歴

メニュー