Oラインの脱毛の詳細などについて

ビキニラインの一つ、Oラインがありますが、これの場所については肛門周りの場所になりますが、ビキニラインは他に、VラインとIラインがあります。

 

男性・女性共に、肛門周りのOラインは大きさに差はありますが毛が生えているのです。
自分では見ることはないし、鏡を使ったとしても、見ることが出来ないので、毛の生えている状況などもわからないため、処理が行うことが難しいのです。

 

ビキニラインは他にVラインとIラインがありますが、基本的には少し無理をした格好にはなりますが、自分で脱毛をすることが出来ます。
衛生面などが絡むためあまり自分での脱毛はお勧めできませんが、クリームやかみそりなどである程度なら脱毛しようと思えば出来る場所なのです。
ですが、Oラインのような、自分では見えずらい場所に、クリームやかみそりを当てて脱毛するのはとても危険なので、エステサロンやクリニックなど、プロの技が必要なのです。

 

エステサロンやクリニックなどでのOラインの施術方法はどんなものかというと、うつぶせに寝てからお尻を広げ光を照射するやり方になります。
場所が場所なだけに、お尻を広げて他人に脱毛してもらうわけですから、情けない心境になり、かなりの恥ずかしさを伴います。
しかも、他の場所に比べても傷みが強く出るのですが、色素沈着が多い人ほど、脱毛するたびにきつい傷みが出ます。

 

また、このすごくデリケートなOラインを誰に脱毛をお願いするか?は大変重要ですね。
信頼できるエステティシャンに脱毛をお願いしますが、Oラインももちろん1回では終わらないので、数回通うため、信頼できる人(エステティシャン)をまず見つけましょう。

 

お肌の状態が傷ついたりしていた場合、Oラインはお風呂やプールなどで感染症などの病気の危険がありますから、無理やり自分で脱毛せず、専門家に頼みましょう。
そしてOラインの脱毛は恥ずかしさと危険が両方出ますので、他の部分の脱毛みたいに軽く考えず、慎重に施術場所を決めるなど安易に考えないようにしましょう。
参考サイト>>脱毛エステ ランキング

イントラレーシックとは

イントラレーシックは、フラップの作り方に特徴があるレーシックです。
手術の進み方は、基本的に通常のレーシックと同じですが、
角膜の蓋であるフラップの作り方が少し違います。
通常のレーシックは、フラップをマイクロケラトームという電動メスで作ります。
ですが、イントラレーシックでは、フェムトセカンドレーザーを使います。
フェムトセカンドレーザーは、周りの組織を傷つかず、1000兆分の1(フェムト秒)という速さで、
角膜にミシン目のような切断面を作り、フラップを作成します。
コンピュータによる制御で作動しますから、マイクロケラトームよりも正確な厚みのフラップをスムーズに作ることが出来ます。
患者さんの負担も最小限に抑えることができ、
執刀する医師の技術もあまり大きく影響しません。
フラップ作成に失敗するリスクもなく、
より安全で確実なレーシック手術ができるレーシック法として話題です。

 

重度の近視の人や、角膜が薄い人の場合、通常のレーシックはできないため、
今までにレーシックの適応検査を受けたことがあるけれど、レーシック手術は出来ないといわれてしまった人もいるかもしれません。
ですが、このイントラレーシックであれば、レーシックを行うことが出きる確率が高くなっています。
もう一度、クリニックに相談してみてください。
とはいっても、イントラレーシックを取り入れているクリニックが少ない現状があり、
角膜の強度面に心配がある部分もあります。

 

更新履歴

メニュー